体重143.5kgのデブが、180日で何キロ痩せるのか?

食事制限/調整・筋トレ・レコーディングにより、約6ヶ月かけて脱デブを目指す。

M.02 体重-4.7kg 体脂肪率-0.5% 祝2ヶ月達成!! 体重・体脂肪率はどうなった? 秘密兵器は、お酢?

【ダイエットの経過&残り日数】
・経過日数 56日 / 8週間 (2020.12.15-01.11)
 ― 残り日数 124/180日 / 16/24週

 

祝! 2ヶ月終了。
デブの180日の、牛タン1kgです。

 

1月も2週間が過ぎた今日この頃、
如何お過ごしでしょうか?

 

今回は、
糖質制限ダイエット2ヶ月継続記念”として、
糖質制限・低糖質・ロカボのQ&Aをやります。

 

そして更に!!
糖質制限・低糖質のダイエットを行ってみて、どうだったか?
現役経験者の立場から、素直な感想を書いておきます。

 

というのが、
原稿を書いている当初の予定でした。

そう、、、当初の。


いやぁね。

書いてる内に、あれやコレやに話が移りましてね。

 

 

そこで今回は、
次の内容をメインテーマに進めていきます。

1.ダイエット成功の道しるべ? ~山と谷の謎~
2.なぜ筋肉の量が増えないのか? ~測定/重量/食事の関係~
3.お酢で痩せる? お酢で健康? ~最新トレンドの胡散臭さ~

以上の3本です。

 

[:contents]

★.過去データの一覧

本編に入る前に、
ダイエットの足跡、過去データ一覧はコチラ↓↓

 

ダイエット開始時は、コレ↓↓
D.00 コロナ太りで、体重が143.5kgに.... 

142kg.hatenablog.com

 

1ヶ月目のダイエット結果が、コレ↓↓
M.01 体重-5.7kg 体脂肪率-1.1%
1ヶ月で体重が約6キロも落ちたけど... 

142kg.hatenablog.com

 

1週目の結果は、コレ↓↓
W.01 1週間で体重ー6.2kg 体脂肪率ー1%
まぁ、こんなもんかな? 

142kg.hatenablog.com

 

2週目の結果は、コレ↓↓
W.02 体重+2.3kg 体脂肪率+0.6%
ダイエットが行方不明 

142kg.hatenablog.com

 

3週目の結果は、コレ↓↓
W.03 体重-1.7kg 体脂肪率+0.3%
非常事態宣言発令か? 

142kg.hatenablog.com

 

4週目の結果は、コレ↓↓
W.04 体重-0.1kg 体脂肪率-1%
ダイエット<筋トレになりつつある 

142kg.hatenablog.com

 

5週目の結果は、コレ↓↓
W.05 体重-0.8kg 体脂肪率-0.2%
食道に激痛&腫瘍(?)、食道に負担の無い炭水化物を食べたら... 
胃カメラ飲んできます。 

142kg.hatenablog.com

 

6週目の結果は、コレ↓↓
W.06 体重-1.9kg 体脂肪率-1%
【祝、マイナス10kg達成!!】 ダイエット6週目にして... 

142kg.hatenablog.com

 

7週目の結果は、コレ↓↓

W.07 体重+4.9kg 体脂肪率+1.8%

天国から地獄、なぜ激太りしたのか? 

142kg.hatenablog.com

 

7週目の結果は、コレ↓↓

W.08 体重-1.2kg 体脂肪率±0%

実体験から考える、ファスティングの謎 

142kg.hatenablog.com

 

 

2ヶ月で体はどう変わったか?

 

それでは、ドウゾ!!

 

 

M.02 [結果発表:2020.12.15-01.11]

1.体重(当初比) -4.7kg

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210112031644j:plain

【初期値:143.5kg (20.11.16)】
【前月値:137.8kg (20.12.14)】

 

【日付/体重】
12.15 136.7kg
12.16 134.5kg
12.17 134.6kg
12.18 135.2kg
12.19 136.7kg
12.20 137.5kg
12.21 137.0kg
12.22 136.4kg
12.23 136.3kg
12.24 134.4kg
12.25 132.6kg
12.26 132.0kg
12.27 135.5kg
12.28 135.1kg
12.29 134.1kg
12.30 135.7kg
12.31 135.7kg
1.1 137.4kg
1.2 138.0kg
1.3 138.7kg
1.4 140.0kg
1.5 138.6kg
1.6 137.1kg
1.7 135.5kg
1.8 135.8kg
1.9 133.7kg
1.10 136.7kg
1.11 138.8kg

当初比:-4.7kg
前月比:+1kg

 

 2.体脂肪率-0.5%

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210112031651j:plain

【初期値:37.2% (20.11.16)】
【前月値:36.1%(20.12.14)】


【日付/体脂肪率
12.15 36.0%
12.16 35.7%
12.17 35.6%
12.18 34.9%
12.19 36.0%
12.20 36.1%
12.21 35.9%
12.22 35.9%
12.23 36.8%
12.24 35.8%
12.25 35.6%
12.26 35.2%
12.27 35.4%
12.28 34.9%
12.29 35.2%
12.30 35.7%
12.31 35.7%
1.1 36.7%
1.2 36.5%
1.3 37.5%
1.4 36.7%
1.5 37.0%
1.6 36.3%
1.7 36.1%
1.8 35.8%
1.9 36.7%
1.10 36.8%
1.11 36.7%

 

当初比:-0.5%
前月比:+0.6%

  

3.筋肉-2.1kg

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210112031647j:plain

【初期値:85.50kg (20.11.16)】
【前月値:83.55kg (20.12.14)】


【日付/筋肉量】
12.15 82.95kg
12.16 82.05kg
12.17 82.25kg
12.18 83.55kg
12.19 83.05kg
12.20 83.40kg
12.21 83.35kg
12.22 83.00kg
12.23 81.75kg
12.24 81.90kg
12.25 81.00kg
12.26 81.15kg
12.27 83.05kg
12.28 83.45kg
12.29 82.40kg
12.30 82.80kg
12.31 82.80kg
1.1 82.45kg
1.2 83.20kg
1.3 82.20kg
1.4 84.05kg
1.5 82.85kg
1.6 82.90kg
1.7 82.15kg
1.8 82.75kg
1.9 80.30kg
1.10 82.00kg
1.11 83.40kg

 

当初比:-2.1kg
前月比:-0.15kg

  

4.体水分率-0.8%

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210112031654j:plain

【初期値:50.6% (20.11.16)】
【前月値:50.5% (20.12.14)】


【日付/体水分率】
12.15 50.3%
12.16 49.9%
12.17 50.3%
12.18 51.7%
12.19 50.6%
12.20 50.6%
12.21 50.7%
12.22 50.2%
12.23 48.6%
12.24 49.6%
12.25 49.1%
12.26 49.7%
12.27 51.2%
12.28 52.0%
12.29 50.5%
12.30 50.4%
12.31 50.4%
1.1 49.1%
1.2 49.9%
1.3 47.8%
1.4 50.2%
1.5 49.0%
1.6 49.9%
1.7 49.5%
1.8 50.1%
1.9 47.6%
1.10 48.6%
1.11 49.8%

 

当初比:-0.8%
前月比:-0.7%

  

5.筋トレ

【スクワット】
12.17) 重量:100kg 回数:10回×3s
12.20) 重量:100kg 回数:10回×3s
12.23) 重量:100kg 回数:10回×3s
12.26) 重量:100kg 回数:10回×3s
12.29) 重量:102.5kg 回数:10回×3s
01.01) 重量:102.5kg 回数:10回×3s
01.04) 重量:102.5kg 回数:10回×3s
01.07) 重量:102.5kg 回数:10回×3s
01.10) 重量:102.5kg 回数:10回×3s


【ベンチプレス】
12.17) 重量:97.5kg 回数:10回×3s
12.20) 重量:97.5kg 回数:10回×3s
12.23) 重量:97.5kg 回数:10回×3s
12.26) 重量:97.5kg 回数:10回×3s
12.29) 重量:100kg 回数:10回×1s
重量:97.5kg 回数:10回×2s
01.01) 重量:100kg 回数:10回×2s
重量:97.5kg 回数:10回×1s
01.04) 重量:100kg 回数:10回×2s
重量:97.5kg 回数:10回×1s
01.07) 重量:100kg 回数:10回×2s 5回×1s
重量:97.5kg 回数:5回×1s
01.10) 重量:100kg 回数:10回×3s


【腹筋】
12.17) 重量:xxxkg 回数:10回×3s
12.20) 重量:xxxkg 回数:10回×3s
12.23) 重量:xxxkg 回数:10回×3s
12.26) 重量:xxxkg 回数:10回×3s
12.29) 重量:xxxkg 回数:10回×3s
01.01) 重量:xxxkg 回数:10回×3s
01.04) 重量:xxxkg 回数:10回×3s
01.07) 重量:xxxkg 回数:10回×3s
01.10) 重量:xxxkg 回数:10回×3s


【レッグエクステンション】
12.17) 重量:122kg 回数:10回×3s
12.20) 重量:122kg 回数:10回×3s
12.23) 重量:122kg 回数:10回×3s
12.26) 重量:122kg 回数:10回×3s
12.29) 重量:124kg 回数:10回×3s
01.01) 重量:124kg 回数:10回×3s
01.04) 重量:124kg 回数:10回×3s
01.07) 重量:124kg 回数:10回×3s
01.10) 重量:124kg 回数:10回×3s


【レッグカール】
12.17) 重量:115kg 回数:10回×3s
12.20) 重量:115kg 回数:10回×3s
12.23) 重量:115kg 回数:10回×3s
12.26) 重量:115kg 回数:10回×3s
12.29) 重量:117kg 回数:10回×3s
01.01) 重量:117kg 回数:10回×3s
01.04) 重量:117kg 回数:10回×3s
01.07) 重量:117kg 回数:10回×3s
01.10) 重量:117kg 回数:10回×3s


【前ペク】
12.17) 重量:94kg 回数:10回×3s
12.20) 重量:94kg 回数:10回×3s
12.23) 重量:94kg 回数:10回×3s
12.26) 重量:94kg 回数:10回×3s
12.29) 重量:96kg 回数:10回×3s
01.01) 重量:96kg 回数:10回×3s
01.04) 重量:96kg 回数:10回×3s
01.07) 重量:96kg 回数:10回×3s
01.10) 重量:96kg 回数:10回×3s

 

 

【コメント&解説(個人の経験より)】

危惧していた通り、
クリスマスを境に体重・体脂肪とも、
悲惨な結果になっていますね。

 

鬼舞辻悲惨なんちゃって

 

なんだろう。


20代前半の頃よりも、

親父ギャグが増えてきた気がする。

 

これが老化か!!


はい。

 

老化に負けない体を作るために、

体重の適正管理(ダイエット)と、

日々の筋トレが大切ですね。


それでは、
結果についての総評&反省開始↓↓

 

 

【体重】

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210112031644j:plain

・当初比:-4.7kg
・前月比:+1kg

 

今回は特別に、

全体の流れ(体重変動)が、

ひと目で分かるグラフを用意しました。

 

先月のデータと今月のデータを合算して、
1つの図としてグラフを作ってみました。

 

この図を見る限りでは、
12月25日を境目に、体重がリバウンドし始めています。

 

線を引くとこんな感じです。

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210117133836j:plain

12月25日までは、
折角順調に右肩下がりで痩せてきたのに、
12月26日から、大きくプラス方向へと動いています。

 

株価で言えば、底値から反転でしょうか。

今が買い時、投資のチャンスです。

 

皆様お急ぎください! 最後のチャンスです!?

 

.....何の?

 


正直な話、

クリスマス・年末年始で太るんだろうなと、

予め予想はしていました。

 

ただし、
まさかここまで予想を超えて上振れするとは、
想定の範囲外です。

(・・・株/投資の話と絡めて○エモンを出したワケじゃないよ? 偶然の産物です。)

 

ダイエット長期的に行っていると、

体重は、上下運動を繰り返して減っていきます。

 

つまり、
右肩下がりで一方的に下がり続けず、
上がっては下がる。下がっては上がる
この動作を繰り返します。

 

例えるなら、
中学生の時に習った比例・反比例の図ではなく、
ノコギリの様にギザギザする感じです。

 


上下を繰り返すだけなら、痩せないんじゃないの?

 

そう思います?

 

実は、ダイエットが成功していれば、
上がったときの数値が、徐々にキリ下がってくるんです。

 

図で言えば、

“体重グラフの1本目”現れています。

 

体重が段々減っていく時に、

MAXの値徐々に低くなっています。

※超雑な図です。イメージの参考になれば。

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210117133851j:plain


本来であれば、
28・29当たりの体重が山(MAX)となり、
また体重の減少に向かうはずでした。

 

そう、でした。

 

でした。なんですよ!!

 

もうね、痛すぎて、川平J並の、

クゥ~~~~~ですね

 


なお、
体重減少は山(MAXの値)が低くなると言いましたが、
体重の増加はこの動きと逆です。

 

つまり、
底(MINの値)が徐々にUPしてきます。

 

丁度1月6~9の辺りですね。
これが高止まり(底がキリ上がる)と、
体重増加(太る)サインです。


※超雑な図です。イメージの参考になれば。

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210117133848j:plain

ただし、
人間の体はそこまでメカニカルなものではないので、
この通りに行くとは限りませんが。

 

あくまでも目安の1つです。

 

  

体脂肪率

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210112031651j:plain

・当初比:-0.5%
・前月比:+0.6%

 

私の場合は、

平日に痩せて、休日に太る

この流れを繰り返している様です。

 

やはり週末になると、
食事の誘い・外食の機会が増えて、
食っちゃいますね。

 

食べるだけなら良いんですが、

酒を飲むとテキメンに太るようです。

 

分かっちゃいるけど、やめられない。

人間の悲しい性ですね。

 


えっ?

 

この時期に、外食はマズイんじゃないかって?

 

ハハ、ご冗談を

 

日本のTOP of TOPである総理大臣が、
自ら進んで先行事例を作ってくれているのに、
遠慮する必要は無いでしょうに。

 

政治家の先生方が飯食って

一般市民が飯を食えない道理が無い

 

それにほら、総理事件の後も。

政治家の先生”また9人で会食”しくれてるみたいだし。

日本の伝統芸本音と、建て前ですよ。

 

 

そもそも、

外食自体は大丈夫ですしね。

そこを勘違いしたら駄目だわ。

 

“何がマズイ”のかと言えば、

大勢で行って、騒ぎ立てるのがヤヴァイわけで。

 

1人・2人のツレと行って、

騒がずに粛々と飲み食べしていれば、

何も問題無いわけですよ。

 

それを、ウエイウエイ・ドガチャガやるから、

周りに被害を及ぼすわけで。

 

ただ個人的には

飲食店(クラブ系を除く)での感染よりも、

個人宅での感染の方が、然もありなんですよね。

 

 

個人宅での感染? どういう....?

 

飯・酒買ってきて、家で食べ飲みする感じの。

いわゆるホームパーティー的なものですね。

 

換気の悪い部屋(密室)で、複数人が飲食する。

 

こちらの方が、

対策済みの飲食店よりも、

感染リスクが高いと言えましょう。

 

別に個人宅に集まらなくても、

オンラインで飲んどけばいいと思うけどね。

 

そういえば、

何処の芸能人の息子だったか忘れたけど、

フランス?イタリア?の方のヨーロッパでは、

宅飲み型の感染が多いらしいね。

 

飲食店の営業を過度に抑圧したせいで、

皆が食材買ってホームパーティやる。

 

そのせいで、

知人・友人間での感染が広がると。

 

まぁ、他所の国の事は知ったこっちゃ無いけど。

 


あぁ、他所の国で思い出したけど、

“私の元居住地:オーストラリア”では、

感染を上手にコントロールできていますね。

 

同じアジア・オセアニア太平洋地域なのに、

ここまで差が付くとは、、、


チッ... 日本に帰ってくるんじゃなかった

 

只でさえ賃金安い貧乏国家なのに、
感染症も蔓延するとか、涙が止らなくなるわ。

 

人口比率の問題もあるでしょうが、

日本がここまで対処能力低いとは夢にも思いませんでしたよ。

自国を過信しすぎたか、、、

 

参考までに、GOOGLEが出している、

COVID19感染者のデータを貼っておきます。

※以下、画像はGoogle.comより。

 

オーストラリア連邦:豪州>

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210117133855j:plain

<日本>

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210117133831j:plain

話が横道に逸れたので、

ダイエットの話題に再び切り替えます

 

 

この図を見てください

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210117133840j:plain

先程の理論で言えば、

12月19日辺りまで体脂肪が減る動き。

 

そして、
19~28日までが揉み合い

 

からの、
29日~上昇傾向にあります。

 

3日移動平均線とか書いてみれば、
体重の滑らかな動きが分かって良いのかもしれません。


また、体脂肪率の増減に関して言えば、

1月以降は大型連休の様な問題はありません

 

これから絞り込むには、

もってこいの時期でしょう。

 

  

【筋肉量】

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210117133844j:plain

・当初比:-2.1kg
・前月比:-0.15kg

 

ウエイト(重り)の重さは増えてるのに、

筋肉が増えない(肥大)しないとはこれ如何に?

 

むしろ減っているではないか!!

とか重い(思い)ました?

 

んーー、この問題についても、

もう少しだけ解説がいるのかなぁ。

 


なぜ筋肉の量が増えないのか?

 

考えられる理由は次の通り。

1.測定方法に問題あり
2.重量/回数の問題
3.食事内容

 

 

1.測定方法に問題あり

筋肉・脂肪の量を量る方法として、

内と、外から計測するやり方があります。

 

内側から計測する方法は、

毎度おなじみの体組成計などの生体インピーダンス

つまり電気抵抗値を用いた方法です。

 

生体インピーダンスは、

体に微弱電流を流してデータを取り、

推定式から体脂肪率を算出するやり方です。

 

問題点については何度も述べたとおり、

水分・水気との兼ね合いが問題となります。

 

ウンコするしない、おしっこするしない。

これらの要因によっても、

測定結果が大きく変わります。

 

もし安定した測定結果が欲しいなら、

“毎回同じ様な時間に計測”する事が望ましいです。

寝る前とか、朝1発目とかね。

 


では反対に、

体の外から測る方法は何か?

 

外から筋肉・脂肪の量を量る方法は、

“メジャー/巻き尺で測定”する方法です。

 

腕・足・腹・胸などを、

メジャーでグルリと巻いて、太さ・大きさを測ります。

 

 

しかし、この方法には問題があります。

 

それは何か?

 

皮下脂肪・筋肉の両方とも計測されます。

 

筋肉が増えて太くなったのか、

皮下脂肪が増えて太くなったのか。

測定結果から分かりにくい。

 

コレが最大の問題です。

 

腕が太くなったのはいいけど、

もしかして脂肪が増えて太くなったんじゃ、、、

なんて事が普通に起こります。

 


さて、この問題どうしましょう?

 

実は解決方法があります

 

それは、

皮下脂肪計測器の使用です。

 

皮下脂肪計測器とは、

キャリパー・脂肪テスタ・皮下脂肪測定器・皮下脂肪測定計と呼ばれる、

皮下脂肪を測定するための器具です。

 

皮下脂肪計測器(キャリパー)を使うと、

おおよその皮下脂肪の値が算出可能です。

 

メジャーから得た“筋肉の太さ(外周)”と、

キャリパーから得た“データの増減”を見比べれば、

ある程度の肉の増減を導き出せるはずです。

 

ちなみに、面倒くさいので、

皮下脂肪計測器(キャリパー)の使い方は、紹介しません。

各々で探してください、解説サイトがあるはずです。

 

まぁでもね、ぶっちゃけ面倒くさい

ガチガチのボディビルダーでも無い限り、

こんな細かな測定は必要無いと思いますよ。

 

体組成計+ウエイト(重り)の増減だけで、

目的は十分果たせるでしょう。

 


なお、1つ注意事項
体組成計も、キャリパーもオオヨソの数値であり、
100%正確ではないということです。

 

数字に一喜一憂しない

これが大事です。

 


2.重量/回数の問題について

もっと重量と回数を増やせば、

筋肥大が望めるのではないのか?

 

そう思うのも不思議ではありません。

 

確かに、

重量・回数・種目について、

今一度熟考の余地はあります。

 

ただし、いずれにしても、

扱う重量が100kgを超えてくると、

体にも器具にも注意が必要です。

 

高重量・高回数のトレーニンを行うと、

怪我の機会も増えてきます

 

私の場合は、

運動・競技性パフォーマンスの向上よりも、

筋肉維持が目的です。

 

ウエイトの重量・回数・種目に固執すること無く、

“無理なく継続する”方が、理にかなっていると言えます。

 

膝が故障して、3ヶ月休養なんて事になれば、

目も当てられませんもん。

 

そして重量・回数にとらわれるよりも、

フォーム正しく・動作をゆっくり・随所を丁寧に。


↑↑これを意識することで、筋線維が大きく収縮し、

筋肥大に繋がるのだと考えています。

 


というか、結果を急ぎすぎじゃね?

 

まだ2ヶ月だもんね。

筋肥大するには、最低3ヶ月はいるもんね。

まぁ、もうちょいガマンですかな。

 


3.食事内容

多分、いや恐らく、

これが筋肥大を妨げる最大の要因だと思います。

 

食事制限!!

 

いや、ほんと、毎回思うんですよ。

 

絶対に、
筋肥大させる為の、カロリー足りてなくね?

 

栄養・ビタミン・タンパク質うんぬんの前に、


カロリーだよ、カロリー!!!

 

純粋に考えれば、

筋肉が蓄積・蓄えられるだけの、

余剰栄養・余剰カロリーが無いと、無理じゃ無い?

 

100%無理なワケじゃないけど、

かなり厳しいと思う。

 

想像してみてください!!

下りのエスカレーターを、下から上に登る姿を!?

どうです? 難しさが伝わりましたか?

 

登っている以上、

頂上にはいつかたどり着くでしょう。

しかしそのスピードたるや、、、

 


でも、ダイエットの為には、

食事(摂取カロリー)制限が必要になります。

消費>摂取にしないと、

体内の脂肪貯蓄が減っていきません。

 

はてさて、一体どうしたものか...

 


おっと、1つ大切な事を忘れていました。

 

筋肉を大きくする、

筋肉を肥大させるためには、

毎日のプロテインの摂取も大事です。

 

目安の量は、

体重の1.2倍~1.5倍まで。

MAX摂っても、体重の2倍までです。

 

タンパク質は摂れば、摂るほど良い。

というわけではなく、必要量の摂取が良いです。

 

過剰なタンパク質の摂取が、

腎臓・肝臓に影響を与えるのかは定かではありませんが、

過剰な栄養は体にとって毒です。

 

ちなみに、

とりすぎた蛋白質は、尿と一緒に排出されます。


余談ですが、
ボディビルダーさんは、
1日にタンパク質を400g(1600kcal)摂取するらしいです。

 

...まぁあのレベルまで行けば、
逆に400gでも足りないくらいかもしれませんね。

 

 

【体水分率】

f:id:Oxtongue1kg4Dollars:20210112031654j:plain

・当初比:-0.8%
・前月比:-0.7%

 

、、、あれ?

筋肉が増えれば保水率って上がるんだよね?

 

このグラフ、、、水分増えてね?

 

ということは、
筋肉量UPって事でおkでは??

 

まぁあれだね。
それっぽく思うと、それっぽく見える現象でしょうね。

 

ホラ、心霊写真でも、
目・口・鼻だと思うとそう見えるヤツ。
それと一緒でしょう。

 


それはさておき、未だに、

例のお酒問題について考えています

 

前回はクエン酸・BCAAを提案しましたが、

クエン酸をやめて、お酢はどうでしょうかね?

 

には、

味の決め手になる酢酸の他に、

アミノ酸とかコハク酸とか含まれていたはず。

 

ただ、酢の摂りすぎは、

胃が痛くなるから嫌なのよね。

 

ほら、酸性のものって、

口の中とか胃の中とか荒れんじゃん?

 

この間胃カメラ飲んだばかりなのに、

また病院のお世話になるのは勘弁だしね。

 

でもさぁ、酢の炭酸わり。

酢サワーって良い響きじゃ無い?

 

有閑マダムとか好きそう有閑マダムとか

 

、、、お前さては、

有閑マダムって響き気に入っただろ?

 

...ッチばれたか。

 

あーでも、

勝手なイメージだけど、

芸能人とか有名人が愛飲してそうなイメージあるわ。

ザクロ酢サワーとか。

 

 

でもさぁ、

酢って逆に太るんじゃねーの?

 

だってさぁ、酢の醸造過程って、

米→麹・酵母→日本酒(アルコール)→酢じゃん。

 

で、って普通に醸造すれば、

確かアルコール度数がMax15~20%までしか上がらなかったはず。

しかも糖の約50%しかアルコールにならなかったはず。

※糖度20%の水溶液から生成できるアルコールは、10%って事。

 

と考えると、

1000mlの内、アルコールが全部酢になったとしても、

200mlの酢でしょ?

残りの800mlに、糖質やら何やらが含まれ...

とか考えたけど、違うな。

200mlの“純粋な酢(酢酸)”が取れるんだ。

つまり何が残ってようが関係ないのか。

濾過過程で、

糖が若干混ざるかもしれないけど、

全体的な量としては微々たるもんだな。

 

 

ん? 違う、違う。

酢の条件って、3 - 5%の酢酸を含む調味料だったよな。

って事はつまり、

20%の酢酸を5%まで薄めて...

 

あ~~~、なるほど。

糖質が低くなる理由は、全体量が増えるからか。

 

ん?いや、どうだろう。

認識に誤りがある気がする。

 

まぁいいや。

 

どちらにしても、

お酢を1Lも2Lもがぶ飲みするワケじゃないし、

1回15~20mlと仮定した場合でも、

糖質の摂取量は問題にならない程度かな?

 

ま、糖質添加される商品もあるから、

買う前に栄養価値チェックは欠かせないけど。

 


酢に関連した話だと、

世間では、いったい何度目のブームか分かりませんが、

お酢のダイエットブームの兆しを見せています。

 

そうで酢。

 

酢で痩せよう! 酢にダイエット効果が?

こんな感じの例のアレで酢

 

お酢ダイエッター達の支持が根強いのか、

はたまた、お酢業界のマーケターが暗躍してるのか。

お酢ダイエットのトレンドの出所は知り得ませんがね。

 

それでも、

お酢ダイエットトレンドに持って行こう。

そんな感じの動きがあります。(今後の動向に注目)

 

プッシュポイント(お酢のメリット)は相変わらず、

内臓脂肪が減る 血圧改善血中コレステロール!!です。

 

雑誌・TV等で実験データを見る限り、

確かに効果の程は出ています。

 

 

ただし、

私が見た/読んだデータ(被験者の比較)では、

体脂肪率・体重ともに減少幅が±1kgと幅が狭く、

実験の期間が長くなるごとに、両被験者の差が小さくなっていました。

※某週刊誌のお酢ダイエットの特集記事より。

 

具体的には、

1週目、2週目、3週目と両者の幅は広がりを見せますが、

4週目からは両者の差が狭くなってくる。

この様な動きをしていました。

 

確かに、

お酢はダイエットに関して一定の効果があるのかもしれません。

実験の結果を見る限りでは。

 

がしかし、その結果を統計処理した場合には、

誤差の範囲に収まりそうな気もしないでも無いですけどね。

有意性は確実にあるのだろうか、、、

 

あったとしても、

影響と呼べるほどの効果・効能はあるのだろうか?

 

とはいえ、

お酢が持つ健康効果は無視できません。と思いまして、

お酢のメリット・効果etc...をググってみました。

 

み、ま、し、た、が、

大手お酢ウエブサイトでも、

明確な研究データは揃えてないっぽいね。

 

便秘解消! 疲労回復! 内臓脂肪!

高血圧予防! 血中脂質の低下! 活性酸素・ラジカル捕捉!

 

お、、、おぅ。でもそれ、、、

何による効果なの? 根拠は? データは?

マウス実験と人の違いは?

 

...私の嫌いな

“機能性表示食品”や、特定保健用食品

同じ匂いがしてきたぞよ、、、、

 

データはあります! データはあります!

但し、11年前のね!? (2006,2008,2003etc...)

、、、小○方さん?

 


お酢ってスゴイ!!と、褒めるつもりが、

お酢業界の闇に触れてしまった

 

ので、改めてお酢について考えてみる事にします。

※酢酸の効果により、血圧抑制などの効果は実証されています

※健康増進に寄与する事と、ダイエット効果との因果関係は未知数です。

※.....そもそもダイエット効果ってなに? 免疫力の一種?

 


なぜお酢は痩せるのか?(と言われるのか)

不思議に思ったことはありませんか?

 

私も不思議で仕方が無いです

 

そこで1つ面白い事を閃きました!!

 

お酢そのものにも、何かしらの効果があるが、

それ以上に心理的・習慣的な効果があるのではないか?

というアイディアです。

 

つまり、

お酢を常飲する方は、健康に関する意識も高く

 

意識・無意識的に、

健康に良い事をしているのではないでしょうか。

 

従って、

酢そのものの効果と言うより、

酢を飲む健康意識が高まる→改善行動に向かう(無意識)

こんな図式が垣間見れそうな気がします。

 

被験者が意図せずとも、

実験に有利な方に働きかけようとする効果ですね。

 

ということは、だ。

 

お酢だと言い聞かせながら、

ただの酸っぱい水を飲ませたら、

ダイエットにも効果があるのでは無いだろうか?

もしそれで効果があれば、、、

(二重盲検で排除できるのかな?)

 

 

【まとめ】

いかがだったでしょうか?

 

当初予定とは180度逆の話になりましたが、

それなりに役立つ情報があったのではないかと思います。


このブログは商業的ではなく、

個人的な記録帳としての役割なので、

別に読み手を意識しなくてもいいんですけどね。


それはそうと、

意図せず色々な業界に、“茶々”を入れる形となりました。

 

 

え? 業界からケンカを売られないかって?

 

大丈夫!?

 

売られた喧嘩は、

メルカリで高額転売してやりますからね!!

 


そんなところで今回は。

 

 

それじゃぁノシ

_________
不正確な情報を含みます。
登場する団体・名称は現実のものと関係ありません。
各自の自己責任のもと、読み/取り組んで下さい。
※画像・記事の無断転載/盗用は禁じます。

[この記事の提供元]
デブの180日ー Presented by 牛タン1kg4$

 

[関連記事]
裏話と雑記ノート ー by カンガルーT
note.com

 

ワーホリ・観光情報@AUS/NZ ー by カンガルーとよだ

www.beyondworkingholiday.com